So-net無料ブログ作成
検索選択

グレンラガン第4話騒動を小野坂昌也さんが語る [アニメ]

「天元突破グレンラガン」第4話騒動について、
グレンラガンにリーロン役で出演している
声優・小野坂昌也さんが自身のラジオ番組で見解を述べました。
その放送は5月6日放送の「集まれ昌鹿野編集部」(ラジオ関西)。
http://anitama.com/bangumi_i/masakano.html
(アニたまどっとコム 集まれ昌鹿野編集部HP)

5月6日放送分に関しては、上記アドレスで後日配信される予定です。
小野坂さんがグレンラガン第4話について語ったのは、
番組のラストにある「編集後記」のコーナー
ネットでの反応とガイナックス取締役・赤井孝美氏の辞任を
主に取り上げました。

小野坂さんは、アフレコ関係者との話を交えつつ騒動の概要を説明。
ガイナックスの赤井さんっていう取締役が辞任したんだって?
 この話は僕知らなかったんですけども。
 責任なんか取らなくてもいいんじゃないの、こんなので
赤井氏が「(2chを読むのは)肛門に顔近づけて深呼吸するような
もんです」とmixiで発言したことについては、
まぁ別に何の問題もない発言だと思うし。
 これをまた『俺たち2chが肛門ですと?』みたいになったんでしょ?
 バカだね本当に
作画などに対する2chでの苦情を取り上げる必要はない。
また、文句や悪口をmixiなどに書いて憂さ晴らしをするのは
間違っている、と小野坂さんとしての意見を述べた後、
人それぞれの見方によって物事は変わると、コーナーを締めました。
小野坂さんは、オタクの意見が通った形で取締役辞任に
結びついたように思え、
結果、同様の事態が再び引き起こされるのを心配しているようです。

今回の話は2chだけに留まらず、各種サイトや
グレンラガン公式ブログにも批判が集中していました。
赤井氏の謝罪文が「公式ブログとmixiをめぐる騒動について。」
となっていることから、公式ブログに寄せられた意見を
汲み取る形の辞任と解釈できます。
2ch批判だけで制作者側が落ち着き、第4話自体の問題を
棚上げにし続けているなら、残念な話です。
そこを小野坂さんはコーナーのラストで「見方によって物事は変わる」
との発言で、作風の変わり様をフォローしたのかもしれませんが。

赤井氏が個人的な意見をmixiで発表したのは
うかつだったと釘を刺していますし。小野坂さんの考えはわかります。
ただ、ネットに上がった批判=2chでの批判なんて聞くことはない、と
第4話の悪評を片付けるのはワイドショーの適当なコメントのようで。
謝罪文の後に出す出演者の話としてもいかがなものか、と思えました。
※騒動の内容については4月27日付けの当ブログにて。
http://blog.so-net.ne.jp/actor/2007-04-27

天元突破グレンラガン1 (完全生産限定版)

天元突破グレンラガン1 (完全生産限定版)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。