So-net無料ブログ作成

全国のリハビリ病院、リハビリ病棟は「鬼トレ」を直ちに活用するべき。 [ゲーム]

体験版をプレイしてピンとくるものがあったので「ものすごく脳を鍛える5分間の鬼トレーニング
を購入、数日やり続けてます。



次々と出題される、一桁程度の計算問題の答えを覚えておいて、数問先の出題時に答える「鬼計算」がメイン。
簡単そうに聞こえるかも知れないけど、やってみると意外と難しいし、疲れます。
他にも色々入っていて。
いくつか触ってると、治療現場で実際に行われてることが非常にうまく3DSソフトに落とし込まれていると感心しました。
ワーキングメモリーを鍛えるソフトとの宣伝文句ですが、いやいや。それどころか。
「計算20」では、数桁の計算問題が速いテンポで出題されます。
同じ事を、治療現場では計算ドリルを「急いで」やります。出題スピードをコントロールできる3DSのほうがよっぽど理想的。
これやって下さい、と出された、一桁の計算問題が並ぶプリントに
「バカにするなっ」と先生に怒鳴ってたおばさんがいたけど・・
ほらほら、意外と間違ってる。桁数が問題じゃないんです。
引き算がずらっと並んでる中に足し算が混じってるのは、
健常者でもうっかりすれば見逃しますよね。あるいは5+9=を45と反射的に答えたり。いわゆる空目で。
様々な要因で注意力が減退してる人は、計算ドリルを、間違いを減らそうとひたすら解くんです。
他にも、治療の手段を絡めてるな、と思える部分があって、興味深いです。

「脳トレ」みたいなブームにはなってないけど、「鬼トレ」はやっておいたほうがいいですよ。
脳障害を克服させるくらいのトレーニングを一般の人がやったらどうなるか。こんなに周りに勧めたいソフトも珍しい。

先生から「治療に役立ちそうなゲームソフトはないかなあ」と相談されたことがあって。
手持ちのそれっぽいものは「クイズマジックアカデミー」と「レントン教授」くらいしかなくて、
見せたら微妙な反応をされたんですけど、「鬼トレ」なら興味持ってくれただろうなあ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。